HOME 当店の特色 かんたん査定 宅配買取 出張買取 ブログ 会社案内 買取り実績 お問い合わせ
買取りのルール お値打ち査定 宅配買取 出張買取 ブログ 会社案内 お知らせ
買取実績
Acquisition Result

2018-09-24
<滋賀 大津>蔦谷喜一の「きいちのぬりえ」「きいちのきせかえ」を買取。

<滋賀 大津 朝日>懐かしい昭和の駄菓子屋などに並んでいた駄玩具や紙玩具、民芸玩具から現代のゲームソフトまで、幅広く「おもちゃ」をコレクションされていたコレクターの方から、たくさんの商品をお売りいただきました。

いわゆる駄菓子屋系では、写し絵やぬりえ、着せ替え、べったん(面子)など細かくてレトロなアイテム。極彩色の人工着色はカラフルで気分は一気に昭和30年代三丁目の夕日の世界へ。

今回は最も量のあったぬりえ、きせかえをご紹介。

中でも目立ったのはこの分野の第一人者、蔦谷喜一(きいち)。絵を見れば誰でも一度は目にしたことがあると思います。昭和20~30年代まで子どもたちの間で大人気となり一世を風靡したぬりえ、きせかえと言えばこの人、とまで言われる画家。

戦後日本の子供たちにキラキラの夢を与えた「きいちのぬりえ」「同きせかえ」ですが、同時に大変なロングセラーで、現在も入手が可能です。

平成生まれから、かつての少女まで、女性の心をとらえて離さない魅力があるぬりえ、きせかえですが、以外にも男性ファンも多く、今回のお客様も男性でした。

そのような塗り絵、きせかえ本が今回は数十冊あり、版も古い物で状態も良好でしたので結構な金額となりました。

きいちではない作家不明のものもありましたが、勿論こちらも値段がしっかりとつきました。

古書クロックワークの出張買取りのご利用まことにありがとうございます。

★★★「きせかえ」アイテムの高価買取★★★

女の子はいつごろから「きせかえ」遊びを行っていたのでしょうか?

今回の蔦屋喜一のような戦後一気に花開いた駄菓子屋、駄玩具文化の中におけるきせかえは勿論、翻れば戦前にも紙玩具によるきせかえは存在し、もっと翻れば江戸時代までさかのぼるようです。

 

 

そのあたりから考えると、ひな人形あたりが起源として考えられそうです。

という訳で、着せ替え人形は駄玩具から、グリコのおまけ、リカちゃん人形やブライスにいたるまでコレクションの対象となっておりますので、洋邦問わずあらゆる「着せ替え」を買取させていただきます。

その中でも、ここ最近注目の着せ替え人形は、1960年代にバービーと並んで人気のあったアメリカ製の着せ替えドール「タミーちゃん」(TAMMY)です。

日本製のタミーちゃんもあり、独特の顔だちが現在可愛いと新しいファンも増えています。そしてレアなのはこのタミーちゃんが和装の花嫁姿をしている日本ヴァージョン。どう見ても西洋の顔だちをしたタミーちゃんと和服のギャップがいかにも当時売れてなさそう(笑)で数が少ない事が思われます。

箱付きの場合は査定金額が超アップします!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 





【一覧に戻る】